2015年1月17日土曜日

女65 三日月

Woman 65 - crescent http://j.mp/tacw65d
Lounge: 女65 三日月
鉛筆 A3ケント紙 2013-03-17
Pencil on paper. #art #painting
三日月 : crescent
Flickr URL : http://j.mp/tacw65d
味噌汁が不味いと叱られて、渋々作り直すことにした月。
太陽に背を向けて、台所でトントンと大根を切っている。
そっと顔色を伺おうと、振り向く途中で、地球と目が合った。
太陽の目にはいつでもわかりやすく丸い月も、地球にとっては時に翳がある。
暫くして、初心な地球の総ての水は、一斉に惹きつけられ、潮となり満ち始めた。
Woman 65 - crescent (panorama) http://j.mp/tacw65d1
女65 Woman 65 - crescent. work in progress
女65 Woman 65 - crescent 修正前
以下の引用は 2013-03-07 elpoeptacの日記 - webDICEからの転載
日本語タイトルは、”三日月”。
英語タイトルは、”crescent”。

夜更けに揺り起こされて、
不機嫌そうにこちらを睨む三日月の図。
女23 sound sleep : 睡り の少女が、
目覚めたら既に大人だったという感じ。
http://t.co/qpcwsWRV

とはいえ、
鼻の部分の光があるため、題はこじつけに堕した。

技術的には、
紙を破るカタストロフはなかったが、
暗さの表現はまだまだ未熟。
暗さにこだわるあまり、解像度は低く緻密さに欠ける。

現状、多くのものを一度に追いすぎて、
掲げるテーマに技量が伴っていない。

  • 大きく描く。
  • 高解像度。
  • 顔の傾き。
  • 髪。
  • 画材の習熟(紙、鉛筆、消しゴム、マスキングシート)。
  • 明暗の諧調の習熟。
  • 写実と創造の融合(詩的テーマ)。
  • デザイン性。

ある程度冒険しなければ面白くないし、
進歩もないだろうが、
次回はテーマを絞り込んで。

Pencil on paper.

また今回も、GIMPを使い半ば遊びで、
大きな星空に小さく月のかんばせが浮かぶ構図
のパノラマ画像も作成。
前回は背景が宇宙空間のような単色だったが、
今回は濃紺から黒のグラデーションで、
より地表に近い月夜。
画像URLは下記参照。

●画像URL

上の画像は部分。
全体図 http://bit.ly/15qMxmt
パノラマ画像 http://bit.ly/XzIvFb

●作業工程ログ


●次回予告

Woman 66 giddy : 目舞い

目眩ではなく、
目が舞うと書いてめまい。
白黒の市松がうねり、捻れて、
髪の毛の重なりと交錯のデフォルメ。
ヒッチコック、ダリ、
そしてなによりビアズリー、
ハリー・クラーク。

いつも混迷する髪の表現を、
一度整理することを主眼に、
女性の顔のフォルムは、
効率を考慮して、
前作を基にもう少し解像度を上げ明瞭に。

全体のフォルムをどうすべきか。
市松の黒に濃淡の変化をつけるべきか。
構想はまだ漠然としているが、
GIMPでいろいろなパターンを作成して参考にしようと思う。
漢字を書けなくなるように、
ソフトウェアを利用することは両刃の剣だと肝に銘じつつ。

----------------------------------------------------------------------------

Flickr: elpoeptac Photostream http://bit.ly/lwzMaw

Twitter: Koujirou Tomatsu (elpoeptac_bot) http://bit.ly/j4nMcl

Evernote:
作業工程ログURL一覧
https://www.evernote.com/pub/elpoeptac/ProcessLog_URL

カレントプロセス
https://www.evernote.com/pub/elpoeptac/CurrentProcess

投稿日:2013-03-07 22:19
以下の引用は 2013-03-22 elpoeptacの日記 - webDICE からの転載。延長戦。
日本語タイトルは、”三日月”。
英語タイトルは、”crescent”。

同作を題に囚われることなく修正。
耳の位置を左にずらし、顎のラインを削り、
下膨れの頬を痩せさせ、
月の丸みはほぼ失われた。
皮膚のクレーター感も弱めた。

いつでも志だけは一人前に高く掲げ、
その言葉に触れるとこの絵が思い浮かぶ、
というような典型を目指している。
リアルな象形文字と言い換えてもいい。
しかし、高邁な理想も、
絵自体の完成度が低く、魅力的でなければ、
お話にならない。
作品が良ければ、タイトルの独りよがりも霞む。
言葉による連想は、自分の大事な手法だが、
今後、表記はせずとも、
タイトルは常に切っ掛けの仮題として扱い、
もっとノビノビと連想して、
盛んにズレていきたい。
決めた期限を目端に掛けつつも。

技術面では、
細かい部分にシャープペンシルを使い、
全体的に解像度を上げた。
マメに鉛筆の尖を削れば、シャーペンは不要だし、
濃さの種類も限定されるが、細部、特に文字通り
シャープな髪筋の表現には有効だ。
今後も適材適所で使うつもり。

Pencil on paper.
(厳密には、Pencil,mechanical pencil on paper.
だが、長いので次回以降もこれで統一)

また、これに伴いGIMPによるパノラマ画像も改訂。
画像URLは下記参照。

●画像URL

上の画像は部分。
全体図 http://j.mp/tacw65d
パノラマ画像 http://j.mp/tacw65d1

●作業工程ログ


●次回作進捗
Harry Clarke Morella on Flickr
Woman 66 giddy : 目舞い 改め くらくら(仮)

改題の可能性大。
安手の語呂合わせが鼻につき、
現状、日本語タイトルは”くらくら”に変更。

予告にて、
白黒の市松がうねり、捻れて、
髪の毛の重なりと交錯のデフォルメ。
・・・
そしてなによりビアズリー。

と書いたけれど、彼の後継とも言えるハリー・クラーク
に触発されていることも追記したい。
ハリー・クラークは、
創元社のエドガー・アラン・ポー小説全集の挿絵で初めて見た。
そこからビアズリーにも遡ったのだが、
正直に告白すると、いまだにこの二人の作品を混同している。
両者とも、ペン画では、黒味の濃淡をハッチングで調整しているが、
本作ではハッチングは使用しないつもり。

現在は構想図の作成中。
今のところ、チェック柄のストールを頭から被り、
首元で巻いた人にしか見えない。
髪自体の筋と、光と陰の等高線の交差をもっと整理したいのだが。

出来次第で構想図をConcept Sketchとして公開する予定。

----------------------------------------------------------------------------

Flickr: elpoeptac Photostream http://bit.ly/lwzMaw

Twitter: Koujirou Tomatsu (elpoeptac_bot) http://bit.ly/j4nMcl

Evernote:
作業工程ログURL一覧
https://www.evernote.com/pub/elpoeptac/ProcessLog_URL

カレントプロセス
https://www.evernote.com/pub/elpoeptac/CurrentProcess

投稿日:2013-03-22 22:55
当初は睨んでいる設定だったが、盛んにズレて、最終的には拗ね顔になった。夜空のロールシャッハーテストのように、月の模様も国によって様々に解釈されると言い訳しておきたい。













Music × Picture

The Kick Inside Full Album

Kate Bush







当初、女64、65のMusic × Pictureは、共にケイト・ブッシュのアルバム「The Kick Inside」から一曲づつ選ぶつもりでいた。ところが、改めてアルバムを聴き直すと、いい曲ばかりでどれも捨てがたく、結局2作共にアルバム全体を紹介することにした。
2つの絵を、今は亡きA面とB面に見立てて。1978年のリリースだから、当時はまだLPレコードだった。
背景画像はブログの為のコラージュ。
Two surface of the moon

0 件のコメント:

Related Posts with Thumbnails